インドネシア語、タイ語、ラオス語、クメール語、マレー語、ベトナム語の語学スクールINJ。翻訳、バリ舞踊レッスン

 INJトップ > INJ 受講生の声

INJ受講生の皆様より、それぞれの国とのかかわりや講座の感想などを写真と共にたくさんお寄せいただ中から抜粋して載せております。その他のメッセージは各国のページにてご覧ください。

クメール語初級 汐留一郎さん

夢は東京オリンピックのクメール語ボランティア通訳

 日本語を流ちょうに話す外国人でも文字は書けないという方は多いようです。話せるようになる手っ取り早い方法は、ネイティブの中に飛び込むことだとも聞きます。ある意味、事実かもしれませんが「仕事を辞めて留学します」と渡航し、3か月程で帰って来てしまう方もいるとのこと。直接、本人に聞いた訳ではありませんが、コミュニケーションが取れずに神経を病んでしまったとか。勇気は賞賛しますが、せっかくのチャンス。行き当たりばったりも考えものです。

 また、言語を学ぶにあたり、何をしたいか目標を決める動機付けも大切だと思います。恋心ではないですが、醒めずにやる気を持続させることは困難です。気持ちが高ぶって語学の学習を始めても、感動が持続するのは数か月なので、ゴールをどの辺りにするかで取り組み方が変わってきます。たとえば、@トラベルクメール語、A.ボランティア団体などで活躍するためのコミュ二ケーションレベル、B.現地で日々の糧とする仕事を持って文学や専門書を読み更に深く知る、などです。

 「自分の名前が書けない。文字が読めない」は、僕らの常識では考えられませんが、今回、クメール語を習う段階で、初歩的な「あいうえお」を習得することがいかに根気のいる作業であるかわかりました。習得すべき時に集中して学ばないと、やはり難しい。知り合いの英語の先生いわく「聞き流すだけで語学が身につくというのは怪しい、すばらしいオーケストラを聴いてもヴァイオリンがひけるようにはならない」

 語学は日々の地道な努力で、基礎をしっかりやることです。当たり前ですが、難しい作業ですよね。これまで挫折せずに、クメール語会話のみならずクメール文字の読み書きまでできるようになったのは、根気よく励まし、指導してくださった先生や気軽に話し合えるカンボジア好きのクラスメートのおかげです。夢は2020年東京オリンピックでのクメール語ボランティア通訳。さらにクメール語が上達するように学習を続けたいと思います。

        その他のクメール語受講生の声はこちら

クメール語中上級 THIDAさん

 観光で訪れたカンボジアに魅了され、クメール語の学習を始めました。クメール語は全くの初心者でしたが、週1回の講座で勉強を続け、今ではクメール文字の読み書きはもちろんのこと、日常生活で不自由しない会話力を身につけることができました。そして、この度、念願のカンボジアでの就職が決まり、渡航することになりました。

 クラスメイトが変わりつつも、今まで続けてきたクメール語のクラスにもう通えないと思うと、すごく淋しく感じますが、ソテイーブン先生から教わってきたクメール語をカンボジアの生活で使いこなし、さらにスキルアップしていけたらと思っています。

写真:カンボジアの雑貨屋さん。食料品、日用品、野菜などが店頭に並んでいます。

        その他のクメール語受講生の声はこちら

インドネシア語入門講座 YUKAさん(11歳)

 私がインドネシア語を始めたきっかけは、父といっしょに見たNHKのバリ舞踊です。テレビで見ているだけでなく、実際に現地に行って観てみたいと思ったからです。現地に行った時少しだけインドネシア語が話せればいいなと思い習いました。

 レッスンではインドネシア語の歌を習いました。「Satu-satu」や「Selamat pagi」という歌を習いました。習った歌をガイドさんやホテルのスタッフの方などに聞いていただくと、一緒に歌ってくれたり、喜んでくれます。先生がインドネシア語をていねいに教えてくれたので、あいさつなど簡単なインドネシア語は話せるようになりました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。Terima kasih !

写真:サルン(腰布)を巻いて、バリ舞踊のレッスンにも挑戦しました。

その他のインドネシア語受講生の声はこちら

インドネシア語プライベートレッスン Reinyannさん

 夫の転勤でジャカルタに行くことになり、2ヶ月ほど前からジャカルタで暮らし始めました。お恥しながら、転勤が決まるまでジャカルタがインドネシアにあること、インドネシアが地球儀のどこにあるのかさえすぐに頭に浮かばないほど、これまでの私の人生ではご縁がない場所でした。そんな私がこちらに来て早2ヶ月。つい半年前まで知らなかった場所が今ではすっかり生活の場になっています。こちらは通年で夏、人々は親しみやすく日本人には暮らしやすい国だと感じています。

 渡航前に1ヶ月ほどINJ(私にとっては駆け込み寺)でお世話になりました。個人レッスンを受けて一番よかったと思うところは、発音です。正しい発音を学ぶことができるのはやはり個人レッスンならではだと思います。また、3時間近くにもおよぶ贅沢なようで長い授業でしたが、レッスンの間にジャカルタの街のことや文化のこと、インドネシア人のこと dan lain lain...(その他)をいろいろお話してくださり、未知の土地への不安がだいぶ和らいだのを覚えています。何より集中力が続かない私にとって、ためになる余談はありがたかったです(笑) 1ヶ月のレッスンでは限られたことしか学習することができませんでしたが、渡航の3日後には1人でドライバーに行先を告げ、買い物に行くことができました。ろくに英語もできない私ですが、先生の集中レッスンのお陰です。どうもありがとうございました。

その他のインドネシア語受講生の声はこちら

タイ語入門講座 Atsushiさん

 ムエタイ好きが高じて、タイ語を習うことになりました。写真は、昨年、パタヤで試合をした息子です。今年も夏には、タイ遠征を考えていて、それまでには日常会話ができるぐらいまで上達したいです。

 先生は、一つ一つの言葉(単語、文法、発音)を丁寧にいろんな例を示しながら教えてくれます。日本語がとても流暢なので、きちんとした日本語での意味が理解できるようになりました。タイ語は、声調がかなり難しいですが、ヒアリングを重点に授業を進めてもらい、どんどん使えるタイ語を覚えたいです。

その他のタイ語受講生の声はこちら

ラオス語入門講座 Bonさん

 仕事の都合でラオスに赴任することが決まり、赴任後の生活のため、ラオス語を勉強しなければならない状況になりました。インターネットでINJの講座を知り、受講を申し込みました。先生がラオス人のネイティブの先生だったことも受講の大きな理由でした。

 授業の予習や復習がいつも不十分であったにもかかわらず、理解するまで丁寧に教えてくれました。先生の優しい笑顔や澄んだ瞳に癒されながら、ラオス語の基本を学ぶことができました。毎週日曜日の朝、少し涼しい空気を感じながら、INJに通い、ラオス語を勉強することは、私にとって、これから始まる未知なる国ラオスでの生活を想像させてくれるものであり、いつも胸躍らせていました。まもなくラオスへ赴任する予定です。INJの講座のおかげで、少し自信を持ってラオスへ赴任できそうです。ありがとうございました。

写真:ヴィエンチャンのタートルアン。毎年11月のタートルアン祭りには全国の僧侶が集まり、読経を行います。

その他のラオス語受講生の声はこちら

クメール語初級講座 YASUKOさん

 クラスは「復習」と「例文を作ること」を大切にしています。習った単語や文法を使い、自分で文章を作るだけでなくクラスメイトが作った文章について皆で考え、定着させていくことができます。また、先生は言語だけでなくカンボジアの歴史や文化についても話をしてくださいますので、日本であまり触れることのできないカンボジアをこのクラスの中で感じることができます。とても楽しいクラスなので、私は毎週木曜日のこの時間を中心に毎日を過ごしています!

 飛行機から降りた瞬間、体を包み込むあの熱気、真っ青な空にもくもくと白い大きな雲。私はカンボジアの気候が大好きです。あの空気の中に行くと、自分の体が元気になるのを感じます。カンボジアでは主に写真を撮って過ごすことが多いのですが、クメール語の勉強を始めてから、写真を撮るのがより楽しくなりました。カンボジアの人は大きな声を出して本当に気持ち良さそうに笑います。その笑顔に触れる瞬間を写真に撮っていきたいと思います。大好きな場所で、その地に暮らす人々とコミュニケーションがとれるようになったことで、これまでとは違った楽しみ方ができるようになりました。

写真:ロリュオス遺跡群の中のバコン。私が大好きな遺跡の中の1つです。

その他のクメール語受講生の声はこちら

マレー語初級講座 田島路子さん

 初めてランカウイに旅行に行ってから、マレーシアが大好きになりました。旅行するだけでなく、マレーシアの文化をもっと知りたい、現地の人とマレー語でしゃべられるようになりたいと思い、INJのクラスに通うようになりました。授業は、マレー語だけでなく、マレーシアの文化や習慣などを楽しく学ぶことができ、80分の授業は、あっという間に感じます。また、一緒に学んでいる方々と、皆マレーシア好きという不思議な親近感を感じながら和気藹々と授業を受けられることに感謝しています。あとは、私自身が仕事を言い訳にせず、勉強するだけかと・・・。

 先日、先生のお力添えもあり、マレーシアでついに念願のマレー形式の結婚式を挙げることができました。温かいホストファミリーのおかげでマレーシアの文化を身をもって体験することができ、感激しました。珍しさもあり、現地新聞の取材も受けましたが、「取材中、メモを読み上げて答えていた」と記事に書かれてしまいました。「いつか何も見ずに、スピーチができるようになりたい!」という野望を胸に頑張りたいと思います。
写真:Nikahイスラム形式の宣誓の儀式にて。

その他のマレー語受講生の声はこちら

INJ all rights reserved.
株式会社インターカルチュラル・ネットワークス・ジャパン (INJカルチャーセンター)
電話:03-3438-4711 FAX:03-3438-4788
受付時間 月〜金10:30-18:30 土10:30-13:00 日祝休み